読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケメ子のランランルー生活

育児と節約や断捨離をがんばっています。シンプルライフに憧れます。

やっぱり痛かった!恐怖の子宮卵管造影検査してきました

 こんにちは。お元気ですか?👀このブログを書いている小倉ケメ子です✨

通院も3回め。今日は恐怖の卵管造影検査の日です。ビクビク。

ネットで調べたら痛くない人は痛くないらしい。どうなるんだろう、自分は。

検査前の注意事項

・生理用下着

・ナプキン1個

上記を持参して、必ずスカートを履いていくこと!軽く何かご飯を食べていくこと!

と注意事項に書いてありました。車は運転できませんとのこと。

念のため、自転車じゃなくてバスで行きました。

検査前の準備

①診察室で血圧を計ります。

②レントゲン室で横になり、痛み止めの座薬ジクロフェナク(坐):ボルタレン

を尻穴から入れます。やったことないって言ったら看護師さんがやってくれました。ラッキー。

③ソルラクト輸液という点滴注射されます。これは念のためだそうです。

④ブスコパン注20mgという卵管の収縮を抑える薬をこれまたケツに筋肉注射します。結構痛いですよ。

卵管造影検査

先生が入ってきて膣内洗浄から始まります。

鉗子みたいなのを入れられて、洗浄するんですが、そこからちょっと痛いです。

子宮にバルーンを入れて固定したあたりで、生理痛のような痛みが!うっ

我慢できるかな!?っとちょっと期待していたのですが、水性の造影剤がおそらく流れて来だしたら痛くて、言葉がでません。

フゥーーーッフゥーーーーッと呼吸を整えるので精一杯。

医師が「右が痛いとか左が痛いとかありますかー?」って聞いてくるんだけど、

こ、答えられない!!ヒィッィイイ・・

しかも薬の副作用なのかなんなのかわかりませんが、口の中がカラッカラになって、唾も出てこない!!

検査自体は5分くらいで終わるのですが、地獄のように長く感じました・・。ふうう。。。

あと、前回の検査結果で膣に菌がいる?とのことで

オキゾナー膣錠&クロマイ膣錠をついでに入れてもらいました。

むかーしカンジダになったからでしょうか。。?

終わったらまた膣内洗浄してもらって、血圧を計って待合室で30分待ちます。2回X線撮影しました。

結果は右も左も流れて、状態良好ということでほっとしました。でも痛かったということは卵管が狭いのかな・・。

ホルモン検査の結果

前回の通院で採血してもらった結果、プロラクチン、LH(黄体形成ホルモン),FSH(卵胞刺激ホルモン),エストラジオール血清の値が出ました。

概ね正常ですが、LHとFSH値のバランスが悪いみたいです。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)では無いが、その気がある・・ということで薬を処方してもらいました!

かかったお金

診察費 5,650円

お薬代 710円

フロモックス錠(抗生剤)100mg、プレドニン錠5mg(テストステロンを抑制する効果あり。ほんとうは生理2日目から10日間飲むらしいが、前回処方忘れ!されたので、きょう貰いました)

次は尿検査と旦那の精液検査でーす。道のりが長い・・。